これからの住宅、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー住宅)

これからのエネルギー需給を考えた住宅、それがネット・ゼロ・エネルギー住宅(ZEH)です。

様々な方法でエネルギー利用を削減し、上手に使うことで実現できます。

2015年11月30日から12月11日まで、フランス・パリで、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)、京都議定書第11回締約国会議(CMP11)が開催されました。その中で、我が国は2030年までに2013年度比で温室効果ガスを26%削減目標を掲げています。

低炭素社会を実現するために、住宅自体の耐久性と同時にエネルギーの削減もこれからの建築において重要なファクターとなってきております。

愛知ハートフルハウスの会でもこの取り組みの推進をしております。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとする住宅です。

ZEHを取り巻く現状

我が国の家庭部門における最終エネルギー消費量は石油危機以降約2倍に増加し、全体の15%程を占めています。また、東日本大震災後の電力需給の逼迫やエネルギー価格の不安定化などを受け、家庭部門における省エネルギーの重要性が再認識されています。
加えて、2015年7月に策定された長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)では、省エネルギーについて、石油危機後並の効率改善(35%程度)を実現することを目標としており、そのためには、住宅そのものの省エネが不可欠となっています。

ZEHの普及により、家庭部門におけるエネルギー需給構造を抜本的に改善することが期待されます。

先進的な住宅には、補助金が活用可能

要件を満たすと、

  • 国土交通省の地域型住宅グリーン化事業の「高度省エネ型 ゼロエネルギー住宅」
  • 経済産業省の「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」など

補助対象となります。

良い住宅を建築し、国から補助をもらえます。そして、エネルギーの利用を削減し、環境に優しい住生活が送れます。

助成金を有効活用
良い住宅のヒント
天災に対する安心
良い住宅のヒント
長く住み継げる安心
良い住宅のヒント
地域環境に対する安心
良い住宅のヒント
完成保証制度
良い住宅のヒント

愛知ハートフルハウスの会について、質問、相談などお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・ご相談

正会員で当会の事務局に御用の方は、こちらよりご連絡ください。

正会員(事務局)

mautic is open source marketing automation