耐震等級3や耐風等級2の取得による 地震・台風などの被害に強い家

耐震等級3とは?

最高等級で建築基準法の1.5倍の耐震性です。

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。

建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

  • 耐震等級1 極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性
  • 耐震等級2 建築基準法の1.25倍の耐震性
  • 耐震等級3 建築基準法の1.5倍の耐震性

耐風等級2とは?

建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示での耐震等級以外に耐風等級があります。

最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1、建築基準法の1.20倍の強さを等級2として、2ランクの耐風等級が設けられています。

  • 耐風等級1 500年に1度程度発生する暴風の力に対して倒壊・崩壊しない程度
  • 耐風等級2 500年に1度程度発生する暴風力の1.2倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度
病院や消防署などの災害時の救助活動拠点となる建物と同等の強さ
病院や消防署などの災害時の救助活動拠点となる建物と同等の強さ
助成金を有効活用
良い住宅のヒント
天災に対する安心
良い住宅のヒント
長く住み継げる安心
良い住宅のヒント
地域環境に対する安心
良い住宅のヒント
完成保証制度
良い住宅のヒント

愛知ハートフルハウスの会について、質問、相談などお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・ご相談

正会員で当会の事務局に御用の方は、こちらよりご連絡ください。

正会員(事務局)

mautic is open source marketing automation